×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ワンコの為の実用東洋医学【ダウンロード版】 〜 指圧マッサージで手作りアンチエイジング 〜

東洋医学って何?愛犬にいいの?

 

東洋医学とは?


東洋医学の理論では、陰陽五行が中心となるのですが、
その前提として「天・人・地」の考え方を理解することが重要となります。
東洋では古来より、体中に「気」が巡っていると考えられてきました。

病因・症状・体質・精神的な状態などを総合的に捉え、治療も全身的な調節に重きをおいて行います。東洋医学では、「病気をみるのではなく病人をみる。病気を治すのではなく病人を治す。」といわれています。

「未病を治す(みびょうをちす)」を重視
東洋医学は「未病を治す」ということを理想としています。

-- 未病とは --
未病とは半健康な状態で、一種の機能障害の段階で、この状態を放置しておくと、器質的な病変に基づく本格的な病気に発展するのです。

「未病を治す」とは、半健康な状態を健康なレベルに回復させることです。
また、東洋医学では健康を維持するための食養・呼吸法などの様々な養生法(自己健康管理法)が考えられています。鍼、灸、気功なども健康の保持増進、疾病の予防に大いに寄与しているのです。

東洋医学の特徴
西洋医学で治りにくい症状や病気。

慢性的なものや、原因不明の難病など。

このような方が東洋医学の治療を試してみるということは多いです。



東洋医学は人間が本来持っている

【治す力】を高めてやることで病気やケガを治癒へと導く、

というものです。

東洋医学といえば経穴指圧

なぜ経穴が効くのか

ツボ療法の原理は、ツボと内臓との関係から考えられる。ツボとは内臓の疾患が、皮膚の表面への反応として敏感に出てきた所であるといわれている。
つまり、このツボを刺激すれば、内臓への働きかけが可能ということになる。 このように体の表面と内部の病態との関係を多くの実例から究明したものをツボ理論という。
ツボを刺激すると、それが、脊髄や中枢に伝えられ、それを受け取った中枢はさらに、その先の末梢神経、つまり指先へ刺激を伝えていく。逆にいえば、指先を動かすことによって気血経絡を通して各ポイントを刺激することになり、全身の血行を正常化する。
つまり、血液の循環がよくなり、頭の回転が促進され、血液が体のすみずみまで行き届くことになる。したがって、ストレスが自然に解消され、内臓を丈夫にするといわれている。
愛犬、東洋医学で長生き
効果的な指圧法:指圧療法とは

そもそも指圧とは一体なんなのでしょうか。現在ではいろいろな流派がありますが、その源は東洋医学の伝統手技である抑按調摩の法に、柔道の活法や導引の手技を加え独自の発展を遂げた治療法、それが指圧療法です。指圧は圧迫、すなわち「指で圧す」という単一の手技しかありません。ですが相手の体質や体力などに合わせて角度や強さ、時間や回数を調節し、さまざまな症状に対応することができるという特徴があります。

東洋医学は生体機能のひずみを整えることを目的とした医学です。機能が高ぶりすぎているときを「実証」といい、機能の高ぶりを抑える「しゃ法」をおこないます。逆に機能が衰えていることを「虚証」といい、機能の衰えを補う「補法」をおこないます。このように東洋医学では、身体の機能が過不足なく働くように、症状に応じた治療をおこないます。

効果的な指圧法:指圧の技法

指圧療法とは、その名のごとく「指で圧す治療法」です。手技もマッサージの六種類と比べ指で圧すという単一のものしかありません。ですが、その圧し方に変化をつけることで、いろいろな圧刺激を生みだすことができます。

一点圧:一点を圧します。
断続圧:一個所を短時間圧しながら、次々と移動します。
持続圧:一個所を長時間、ゆっくりと圧します。
断続加重圧:一個所を短時間圧しながら、徐々に力を加えていきます。
愛犬、東洋医学で長生き
動物と東洋医学と云えば
コロラド州立大学、タフツ大学獣医学校で教鞭をとる
アレン・M・ショーン博士が著名です
講演会においてのあるアクシデントが

ショーン博士がある動物病院で鍼灸の講演を行ってこのツボの話をした直後に心停止した犬がかつぎこまれてきたというのです。その場に居合わせた獣医師たちは必死になって、強心剤を打ったり電気ショックを与えたりして、この犬を生き返らせようとしました。だけど犬はピクリともしません。そこで講義に出席していた獣医師たちから疑問と期待が相半ばする気持ちで犬をあずけられたショーン博士は、自分の信念にしたがってGV26(口と鼻の間にあるツボ)に針を打つことになりました。

10分、20分と時間が過ぎ、博士があせりを感じはじめたとき、心電図に変化が現れます。まっすぐだった心電図が波を打ち、足をピクリと動かしたかと思うと犬はすっくと立ち上がったのです!周囲で一部始終を見守っていた獣医師たちはまさにその奇跡の立会人となりました。こうして博士の針治療とその効果は全米の知るところとなり、獣医界に東洋医学の有効性が認知されていったのです。

現在アメリカには、ホリスティック獣医療協会なるものがあり、その会員数は600人(98年)。さらに、ホリスティック獣医療を正式に教えている大学が30校以上もあり、アメリカでは針治療のできる病院はどこも予約でいっぱいとのこと。なんともうらやましい話ではありませんか。
愛犬、東洋医学で長生き
愛犬のツボ指圧

上記例のように人間は勿論、
動物(犬・猫)の病に 経絡指圧を初めとする
東洋医学が効果がある事が分かって来ています。
愛犬、東洋医学で長生き

おすすめの愛犬の長生き健康法は

愛犬、東洋医学で長生き

ワンコの為の実用東洋医学【ダウンロード版】
〜 指圧マッサージで手作りアンチエイジング 〜


愛犬のツボ指圧


「ワンコのための実用東洋医学」のプログラムは?


 

 

 

やさしい腰痛解消エクササイズ 『エゴスキュー・メソッド』  骨盤歪み改善で健康・骨盤美人  犬しつけ ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室

 

仕事中、ブツブツ独り言を言っている人あなたの周りにもいませんか?独り言は精神的に不安定なときほど症状が出やすいといわれています。特に大きな精神的ショックを受けた場合は、そのショックを和らげようと起きた出来事を口に出して再認識することで、精神的に落ちつこうとしているのです。慢性的なストレスが、ブツブツ独り言を言う癖につながっているらしい。こんな時に、休養をとりスポーツや趣味などでストレスを発散して、精神的バランスを整えましょう。喜怒哀楽が激しいと感じるのなら、少し気持ちを落ち着けて口に出さずに心の中で整理するように心がけてみてください。